安全に行う

加圧トレーニングを行う際の注意点

加圧トレーニングは血流を制限をした中で行うトレーニング法です。手首や足首に専用の加圧ベルトを巻いて血流を制限しますが、その際は必ず専用ベルトを使用することが大事になります。この専用ベルトは、体に悪い影響を与えずに血流を制限出来るように材質や構造などに工夫がなされているもので、最近では個人でも購入することが可能になっています。そのため、自宅でも加圧トレーニングを行うことができますが、加圧ベルトを使用する際は体型や健康状態などに合わせて圧力を変えるなど正しい知識が必要になります。 できれば最初はインストラクターの資格を持った人の元でトレーニングを行う方が、より安全で高い効果を得ることができるようになります。

加圧トレーニングはスポーツ選手などもトレーニングメニューの一つとして取り入れていることで話題になりましたが、筋肉を鍛える効果以外にも様々な効果が実証されています。 特に最近では高齢者など、病気や加齢などの理由で体が思うように動かなくなっている人に対してリハビリの一環として加圧トレーニングを取り入れている医療施設などもあります。 加圧トレーニングは、血流を制限することで短時間でも体がハードな運動をした時と同じような状態に錯覚させ、成長ホルモンによって様々な細胞を活性化することができます。しかし実際には体にはあまり負担がかからないため、高齢者でも無理なく行うことができ、病気の回復や健康増進などの効果を得ることができます。